坊っちゃんの価格♪

最近の文庫本は昔の作品も活字が大きくなっているものもあったり、表紙も変わっていたりで買いなおすのもよいですね。非常によい作品なので!子供たちにも読ませようと思います。昔読んだのですが転居のため手放してしまい、もう一度読みたくなって再度購入です。

早速ご紹介!

2017年10月15日 ランキング上位商品↑

坊っちゃん坊っちゃん改版 (新潮文庫) [ 夏目漱石 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

子どものころ、一部が教科書に載っていたのを読みました。名作を読み返すのなら!古いものを読むより!新潮文庫の改版がおすすめです。一読の価値ありといったところでしょうか。読後感はスッキリです。この主人公は漱石そのものなんでしょうね。近年で夏目漱石の作品では「こころ」を読んだのですが!どちらも人物表現が卓越していると思います。文章のリズム感が心地よいです。でもよくよく読むと正義が負けている(?)だけど…。幕末から維新にかけての時代背景も考えると、学生時代とは違う読み方もできて、面白かったです。いやぁ!やっぱりいいですね。とても懐かしいです。初めて読んだのは中学生の頃かな〜。読み返してみると!自分が年齢を重ねたせいなのか!坊ちゃんのすがすがしさがもう可愛らしく思えるほどです。 読書の習慣をつけてほしいです。大人が読んでも退屈しません。読みやすいようです。配送迅速!梱包丁寧でとても便利です。教科書に出てくる作品なのに本当に面白い。。名作中の名作だと思います。新潮文庫の改版は文字の大きさ等が配慮されており読みやすくなってますね。坊っちゃんの毒舌っぷりが面白い! 文学小説を読むのは苦手ですが、これはあっと言う間に読み終えました。肝心の内容はシンプルで!かつ名作と呼ばれるだけの構成ですね。 しかし、 実は本書は読んだことがありませんので、 息子のあとで読もうと思っています。久々に読みたくなりました。すてきな表紙がついたものも多いですしね。夏目漱石を読んでいない人は坊っちゃんから読んで欲しいです。学生時代に読んだけれど、すっかりあらすじを忘れていました。近年!新潮文庫の改版は文字が大きくなり!とても読みやすくなりました。様々なジャンルの本に触れさせたいと思い!まずは夏目漱石かな!と。●子供の春休みの課題読書です。明治時代の人が書いたとは思えないほど!面白い本です。すごく面白いかったです。それから改めて読むことはなかったのですが、TVでドラマ化されていたのを観ていたら何だか読み返してみたくなって購入しました。 クスクスと笑えるところが随所にあり!気軽に読める作品です。こういう人いるいる!こういう環境ありそう〜と思えるし!人間観察!社会の洞察力が素晴らしいと思いました。学生時代に読んだものを読み直しています。初めて読みました。娘が読み終わったら、数十年振りに私も読んでみます!不朽の名作ですね、やはり・・・坊っちゃんのさわやかな男らしさが印象に残ります。改版で読みやすくなってます。何となく購入してみました。20年ぶりくらいに読みました。